NHKちりとてちん日記
今日のNHK連続テレビ小説朝ドラ)『ちりとてちん』を見逃しても『NHKちりとてちん日記』であらすじがわかる!!

『ちりとてちん』第72回あらすじ(12月22日)

『ちりとてちん』第72回あらすじ(12月22日)



工事現場で休憩所の荷物置き場に置いておいた草々(青木崇高)の大事な座布団が無くなっている。草々が必死で探していると、野良犬が座布団を食いちぎっている。草々は犬を追い払い座布団を拾うが、座布団は穴があき、中綿が出ている。
一方、喜代美(貫地谷しほり)は小次郎(京本政樹)に貰った地図を頼りに懸命に草々を捜すが、雨が降ってくる。
草若の家では小草若(茂山宗彦)が草若(渡瀬恒彦)に自分が殴ったと告白し、草々の破門を取り消してくれるよう弟子らが揃って頭を下げる。
夜、草々はずぶ濡れであばら家に帰って来る。草々は濡れた体のまま横たわり咳き込んでいる。
夢の中・・・・
草々が初高座のお祝いをしてもらっている。小草若がお頭つきの鯛を横取りし、喧嘩が始まる。草若の「ええ加減にせい、破門するぞ!」のひと言にドキッとする草々。
そこへ、喜代美が入って来て草々に駆け寄る。喜代美が大丈夫かと声を掛けるが、草々は高熱を出し病院へ連れて行こうとする喜代美の膝の上に倒れこみ、喜代美の手を握り締める。「女将さん、女将さんから師匠に謝って下さい。小草若はホンマの子供やからきっと許してもらえる。けど、俺は違うから追い出されてしまうかもわからへん。そうなったら俺、行くとこあらへん。また独りになってしまう。怖い・・・・怖い。」とうなされる草々。
泣きながら怯える草々を見つめ、喜代美は「大丈夫、独りにはさせへん。私が側におる。」と囁きかける。
朝になり、草々が目を覚ます。体にかけられた毛布を不思議そうに見ていると、喜代美が入って来る。草々の熱も下がり、喜代美が親切な近所の人から貰ったホットミルクを差し出すと、草々は「おまえ、何でおんねん!?」と驚いている。喜代美が師匠の所へ帰ろうと言うと、草々は帰れるわけがないと答える。だが、喜代美は「大丈夫です。独りにはさせません。」と力強く言い切り、笑みを浮かべ草々を見つめる。



その頃・・・・




⇒⇒⇒ちりとてちん』HPへ



<< NHKちりとてちん日記 のトップへ戻る
posted by chiritote-chin at 23:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 第12週「一難去ってまた一男」

『ちりとてちん』第71回あらすじ(12月21日)

『ちりとてちん』第71回あらすじ(12月21日)



草々(青木崇高)の部屋で小草若(茂山宗彦)に抱きしめられた喜代美(貫地谷しほり)は、思わず小草若を突き放す。小草若は草々の部屋に灯りがついていたので、草々が帰って来たのかと思い、草々の部屋を訪ねたと言い、涙をこぼし喜代美に土下座して謝る。
「寝床」で、小草若は喜代美にイライシャ・グレイの話を持ち出す。電話機を発明したが、特許の出願がグラハム・ベルより2時間遅れた為、発明家として名前を残すことができなかった間の悪い人の話を首をかしげながら聞いている喜代美。草々が家に来てから、小草若はずっとイライシャ・グレイの気分だったと打ち明ける。小草若は中2の時、終業式が終わったら親父に弟子入りして喜ばせてあげようと思っていたのだが、草々が1日早く弟子入りして散々お祝いした後、自分が言ったところで出がらしだったと話す。更にそれがケチのつけ始めで、初高座も草々の方が先だったし何やっても負けっぱなしだと話す小草若。小草若は喜代美に「俺の気持ち知ってんのやろ」と尋ねる。返事に困っている喜代美を見て、小草若は「でも、喜代美ちゃんはまだやっぱり草々が好きなんや」と確信する。返事に困る喜代美。
小草若は草々が破門になった日の夜、草々が自分のマンションに訪ねて来て、「自分が殴ったと師匠には言うな。師匠は誰よりもお前に受け継いでもらいたいと思っている。」と言って出て行ったことを話す。草々がそう言っているが、小草若は自分が尊建(波岡 一喜)を殴ったことを草若(渡瀬恒彦)に打ち明けようと思っていると話すと、喜代美は草々がそう願っているのなら、このまま草々が殴ったことにしておいて欲しいと告げる。喜代美は、草々が初高座のお祝いに買って貰ったスーツを置いて行ったということは、本当に落語とも師匠とも決別する覚悟だということ、それは自分達が草若の落語を受け継いで伝えて行くと信じているからだと語る。喜代美は草々が望んでいるのなら、草々のいない一門会をやり遂げるなければいけないと小草若に訴える。
翌朝、喜代美と小草若は稽古場で草原(桂吉弥)達と話し合い、今更草々は殴っていなかったと知っても草若はショックを受けるだろうし、草々の分も頑張らなければいけないと話し合う。
草原は草々の代わりにもっと大ネタをやることにし、小草若に自分が演じるつもりだった「鴻池の犬」をやるように勧める。喜代美は生き別れになった犬の兄弟が再会する話を小草若にやらせようとする草原の気持ちを察し、「どこにいるのかわからないが、草々に届いたらいいですね」と呟く。


その頃、草々は・・・・


⇒⇒⇒ちりとてちん』HPへ



<< NHKちりとてちん日記 のトップへ戻る
posted by chiritote-chin at 23:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 第12週「一難去ってまた一男」

『ちりとてちん』第70回あらすじ(12月20日)

『ちりとてちん』第70回あらすじ(12月20日)



夜、小草若(茂山宗彦)がマンションに帰って来ると、表に草々(青木崇高)が立っている。小草若の部屋で、小草若は草々にどういうことなのかと尋ねると、草々は「殴ったのは俺や!お前は飲み過ぎで記憶違いをしている。」と答える。小草若は「お前から落語を取ったら何が残るんや!」と草々を問い詰める。草々は小草若を見据え「お前は落語をせなあかん!!」と小草若の胸ぐらを掴み、自分が殴ったと絶対に師匠には言うなと告げる。草々は小草若に、師匠には沢山弟子がいるが、誰よりもお前に受け継いでもらいたいと思っていると言い残し出て行く。
それきり、草々は喜代美(貫地谷しほり)達の前から姿を消す。
喜代美が掃除の途中、縁側に座ってぼんやりしているところへ、草原(桂吉弥)が「大丈夫か?」と声をかける。喜代美は、草々がどうして罪をかぶって破門を受け入れたのかがどうしてもわからないと言うと、草原は「草々やったらやりそうなことや」と答え、かつて草々が草若(渡瀬恒彦)に弟子入りした時の話を始める。


16年前、春・・・・


⇒⇒⇒ちりとてちん』HPへ



<< NHKちりとてちん日記 のトップへ戻る
posted by chiritote-chin at 01:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 第12週「一難去ってまた一男」

『ちりとてちん』第69回あらすじ(12月19日)

『ちりとてちん』第69回あらすじ(12月19日)



翌朝、冷静に話のできる状態ではない尊徳師匠の代理として柳宝師匠が草若を訪ねて来る。柳宝師匠は、尊建の怪我は大したことはないのだが、だいぶ酒が入っていたので記憶が曖昧だと言い、草々に本当に尊建を殴ったのかと尋ねる。草若のことを悪く言われて思わず手がでてしまったと答える草々(青木崇高)。実は、今週末天狗座で尊徳と尊建(波岡 一喜)との二人会が企画されていたのだが、顔を腫らせて高座に上がるわけにもいかず、他の弟子を代理に立てるか、いっそのこと中止にするかという話になっているらしい。尊徳は、暮れに一門会をやることになっている徒然亭の復活を喜んでいただけに、楽しみにしていた尊建との初めての二人会ができなくなることのショックは大きいようだ。柳宝師匠に誠意を尽くして謝るしかないと言われた草若は、草々に部屋での謹慎を言い渡し謝罪に行く。
喜代美(貫地谷しほり)は、こんな大事な時に問題を起こして一門会ができなくなったらどうするのかと、一方的に草々を責める。バラバラになってた一門を必死で立て直し、色々ここまで乗り越えてきた草々に、何で今になってあれぐらいのことが我慢できなかったのかとなじる喜代美。


その頃、小草若(茂山宗彦)は・・・・


⇒⇒⇒ちりとてちん』HPへ



<< NHKちりとてちん日記 のトップへ戻る
posted by chiritote-chin at 00:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 第12週「一難去ってまた一男」

『ちりとてちん』第68回あらすじ(12月18日)

『ちりとてちん』第68回あらすじ(12月18日)



暮れの12月25日に天狗座で一門会を開くことになり、年季明けのかかった喜代美(貫地谷しほり)は、初めて演じた「ちりとてちん」を再び演じることを目指し、前にも増して稽古に励む。
前の晩、泥酔して草若(渡瀬恒彦)の部屋に泊まった小草若(茂山宗彦)が起きてくる。草若が小草若にコップ一杯の水を差し出すと、小草若は「ほんまは、親父かて思てんのやろ。俺なんか売れへんようになって当たり前やと・・・・。」と呟く。草若が落ち込んでいる小草若に「思うてへんてぇ。お前おもろいやがなぁ。これから、もっともっとお前のええとこが出て来る。ええ落語ができるようになる。俺にはわかる。」と優しく声をかけると、うつむいていた小草若が顔を上げる。そんな二人のやりとりを、庭で草々(青木崇高)が聞いていた。
稽古場で喜代美が「ちりとてちん」を稽古しているところへ、兄弟子達が現れる。

草原が一門会でやる演目は・・・・


⇒⇒⇒ちりとてちん』HPへ



<< NHKちりとてちん日記 のトップへ戻る
posted by chiritote-chin at 12:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 第12週「一難去ってまた一男」

『ちりとてちん』第67回あらすじ(12月17日)

『ちりとてちん』第67回あらすじ(12月17日)



喜代美(貫地谷しほり)が徒然亭一門に入門して2年半が過ぎ、喜代美は21歳になった。一門が開く「寝床寄席」にも着実に客が集まるようになり、今や立ち見が出るほどの盛況ぶり。
そんな中、「寝床寄席五夜連続公演」の打ち上げの席で、最近はかつての勢いもうせて落ち目となった小草若(茂山宗彦)だけは、草々(青木崇高)のライバル尊建(波岡 一喜)に番組のレギュラーの座を奪われ大荒れ。酒でごまかそうとする小草若と草々が取っ組み合いの喧嘩になると、草若(渡瀬恒彦)は、二人を「草々も小草若も内輪もめしてるうちはいいが、そうやって簡単に手を上げる癖がついたら、いつか自分の首を絞めることになる。ちっとは自制することを覚えろ」と怒鳴りつける。そこへ、ある人物が現れる。


ある人物とは・・・・


⇒⇒⇒ちりとてちん』HPへ



<< NHKちりとてちん日記 のトップへ戻る
posted by chiritote-chin at 13:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 第12週「一難去ってまた一男」

『ちりとてちん』第66回あらすじ(12月15日)

『ちりとてちん』第66回あらすじ(12月15日)



和田家の工房では、正典(松重豊)が塗り箸を竹谷(渡辺正行)に渡し、再注文が来ても秀臣の店にだけは二度と卸さないと糸子(和久井映見)にキッパリと言う。頭を下げる糸子。そこへ、正平(橋本淳)が現れ、小次郎(京本政樹)が置手紙を残し、家を出て行ったと駆け込んで来る。ガラクタを残して行った小次郎の部屋を見た正典は、帰って来る気満々だと言うのだが、糸子だけはただ漠然と本気のような気がすると言う。


「寝床寄席」の翌日、


⇒⇒⇒ちりとてちん』HPへ



<< NHKちりとてちん日記 のトップへ戻る

『ちりとてちん』第65回あらすじ(12月14日)

『ちりとてちん』第65回あらすじ(12月14日)



稽古に集中できない喜代美(貫地谷しほり)は、破門にして欲しいと草若(渡瀬恒彦)に申し出る。内弟子修行中は恋愛禁止にも関わらず、草々(青木崇高)に恋をしているうえに、清海(佐藤めぐみ)に対する嫌な感情で心の中がいっぱいになり、そんな自分に耐えきれなくなったからだった。泣きながら頭を下げる喜代美に、草若は軽々しく破門を口にするなど最低最悪、今すぐ放り出されてもおかしくないと渇を入れる。
草若は喜代美に、それも修業のうちだと話す。草若は、「どうしようもない思いを抱きながら、嫌な自分、醜い自分を真っすぐ見つめれば、しんどくて苦しくてもその先に見えてくる何かがあるはず。そうやって人の気持ちがだんだんわかるようになり、優しい気持ちが持てるようになる。それが、喜代美の落語をもっともっと楽しいものにしてくれるはずだ。」と喜代美に教える。そして、自分とよ〜く向き合ったら、次は清海と正面から向き合って話し合ってみるように勧める。


居酒屋「寝床」で寄席が開かれる当日、


⇒⇒⇒ちりとてちん』HPへ



<< NHKちりとてちん日記 のトップへ戻る

『ちりとてちん』第64回あらすじ(12月13日)

『ちりとてちん』第64回あらすじ(12月13日)



清海(佐藤めぐみ)は「寝床」で、東京のテレビ局からニュースキャスターに起用したいとオファーが来たことを、草々(青木崇高)に報告する。大学を休学して東京で夢を叶えるべきか、草々がいる大阪に残るべきか迷う清海に、草々は「行くんか?」と確認するが、清海は報告に来ただけと言い残し、店を出て行く。二人の会話を身を乗り出して聞いていた周囲は、明らかに草々に引き止めて欲しそうな清海の態度を見て、今すぐ引き止めろと草々に詰め寄る。
喜代美(貫地谷しほり)は、すぐさま清海を追いかけ、東京行きを強く勧める。邪魔者に遠くに行って欲しいと思っている喜代美は、清海に遠距離恋愛を薦めるものの、後から考え直して自分の情けなさに落ち込む。だが、喜代美はつい草々にも遠距離恋愛を薦めてしまう。そんな喜代美を見ていた草原(桂吉弥)は、早くに親と死別した草々が家族を欲しがっていること、人一倍いい家庭を作りたいと願い、そろそろ結婚を考える年になった草々にとって、遠距離恋愛なんて考えられないのではないかと喜代美に告げる。
草原は喜代美に、3年間培ってきたものを捨て、一度捨てた落語の世界に戻り、もう挫折することが許されない自分や師匠、四草(加藤虎ノ介)にとって、落語の稽古に集中していない喜代美の態度には腹が立つと説教する。


一方、小浜では


⇒⇒⇒ちりとてちん』HPへ



<< NHKちりとてちん日記 のトップへ戻る

『ちりとてちん』第63回あらすじ(12月12日)

『ちりとてちん』第63回あらすじ(12月12日)



草々(青木崇高)と清海(佐藤めぐみ)の交際がスタート。奥手だった草々が恋愛していることに磯七(松尾貴史)ら周囲も騒然とする。草々に失恋した喜代美(貫地谷しほり)を気遣う周囲に対し、喜代美は内弟子修行中だから恋愛など関係ないと強がるが、心の中はぼろぼろだった。
一方小浜では、金策に走り廻る正典((松重豊)に、糸子(和久井映見)が、正平(橋本淳)や喜代美の為に、今回は堪えて秀臣(川平慈英)の店に塗り箸を卸してくれと頭を下げる。廊下の陰から小次郎(京本政樹)がその様子を見ている。


草々と清海の仲は、


⇒⇒⇒ちりとてちん』HPへ



<< NHKちりとてちん日記 のトップへ戻る

『ちりとてちん』第62回あらすじ(12月11日)

『ちりとてちん』第62回あらすじ(12月11日)



清海(佐藤めぐみ)から草々(青木崇高)が好きになったと告白された喜代美(貫地谷しほり)は、自分の部屋に清海を招き入れ、根掘り葉掘り清海の気持ちを聞き出す。清海は恥ずかしそうに、草々のことを尊敬し、一緒にいると自分も頑張らなくては思える人に初めて出会ったと告白する。


その頃小浜では、


⇒⇒⇒ちりとてちん』HPへ



<< NHKちりとてちん日記 のトップへ戻る

『ちりとてちん』第61回あらすじ(12月10日)

『ちりとてちん』第61回あらすじ(12月10日)



喜代美(貫地谷しほり)は2度目の高座で、ようやく客に笑ってもらうことができた。
同じ頃、どしゃぶりの雨に見舞われ、ずぶ濡れになったた草々(青木崇高)と清海(佐藤めぐみ)は、清海のマンションで濡れた服を着替えていた。そこへ小浜からやって来た友春(友井雄亮)と順子(宮嶋麻衣)が現れる。草々と清海は2人に関係を疑われ、思わず否定する。
喜代美はようやく家に帰って来た草々から、清海をマンションに送り届けた後、友春らが現れたことを聞かされホッとする。


翌日、


⇒⇒⇒ちりとてちん』HPへ



<< NHKちりとてちん日記 のトップへ戻る

『ちりとてちん』第60回あらすじ(12月8日)

『ちりとてちん』第60回あらすじ(12月8日)



喜代美(貫地谷しほり)は人生で2度目の高座の日を迎えた。
草々(青木崇高)は勉強の為、別の落語会を見に行っていて欠席。実は、清海(佐藤めぐみ)も一緒だった。
折りしもその日は、糸子(和久井映見)のお百度参りの百日目でもあった。雨が降り出す中、いよいよ「寝床」で喜代美の2度目の高座が始まる。
続きを読む


⇒⇒⇒ちりとてちん』HPへ



<< NHKちりとてちん日記 のトップへ戻る
posted by chiritote-chin at 12:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 第10週「瓢箪から困った」

『ちりとてちん』第59回あらすじ(12月7日)

『ちりとてちん』第59回あらすじ(12月7日)



1993年、夏。
喜代美(貫地谷しほり)が掃除をしていると、清海(佐藤めぐみ)が草々(青木崇高)を訪ねて来た。喜代美に気付いた清海は、草々と二人で行くはずだった怪談話の落語会に喜代美も誘うが、喜代美は草々の困った様子に気付き遠慮する。ホッとした様子の草々。
喜代美は、清海と草々の仲が急接近していく様子が気になるが、内弟子修行中は恋愛はご法度。作り笑顔で二人を送り出すが、その様子を見ていた四草(加藤虎ノ介)は「どないすんねん、草々兄さん取られてまうぞ」と声を掛ける。初めは相手にしなかった喜代美だが、四草の「俺がどないかしてやろうか」のひと言に心が揺れる。四草に草々が清海の手を握るだけでは済まないかもしれないと挑発され、喜代美は結局アイスキャンデー2本で、四草の作戦に乗ってしまう・・・・。

四草の作戦とは・・・・


⇒⇒⇒ちりとてちん』HPへ



<< NHKちりとてちん日記 のトップへ戻る
posted by chiritote-chin at 15:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 第10週「瓢箪から困った」

『ちりとてちん』第58回あらすじ(12月6日)

『ちりとてちん』第58回あらすじ(12月6日)



初高座の失敗を乗り越え、喜代美(貫地谷しほり)は再び稽古に励む。草若(渡瀬恒彦)に茶碗蒸しを食べる仕草を褒められ喜ぶ喜代美だが、もう一度人前で「ちりとてちん」を演じる自信がつくまで、当分高座には出なくてもいいと言われる。


やがて2ヶ月が過ぎ、


⇒⇒⇒ちりとてちん』HPへ



<< NHKちりとてちん日記 のトップへ戻る
posted by chiritote-chin at 12:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 第10週「瓢箪から困った」

『ちりとてちん』第57回あらすじ(12月5日)

『ちりとてちん』第57回あらすじ(12月5日)



落語会終了後、打ち上げの席で糸子(和久井映見)が、草若(渡瀬恒彦)や兄弟子達に「ホンマにこの子はどんくさいさけぇ、落語は無理やったら無理と言ってやって下さいねぇ」と言うと、草原(桂吉弥)らは、初高座は誰でもあんなもんだとフォローする。「失敗も稽古のうちですよって」と草若が言うと、奈津子(原沙知絵)も「初めから上手いこといったらおもしろうないやん」と喜代美(貫地谷しほり)を慰める。
糸子は小浜に帰り、打ち上げは喜代美の初高座祝いとなり、喜代美は半ばヤケクソでオレンジジュースを一気飲みする。
打ち上げが終わり、喜代美は草若に「内弟子修行中に母親に甘えるなんてもってのほかや、ちっとは自覚を持ちなさい」と厳しく注意される。
部屋に戻った喜代美は灯りもつけずに、クッションを抱きしめすすり泣く。隣室の草々(青木崇高)もその様子を感じ取るが、声を掛けられない。

翌朝、


⇒⇒⇒ちりとてちん』HPへ



<< NHKちりとてちん日記 のトップへ戻る
posted by chiritote-chin at 16:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 第10週「瓢箪から困った」

『ちりとてちん』第56回あらすじ(12月4日)

『ちりとてちん』第56回あらすじ(12月4日)



初高座当日。いよいよ二番太鼓が鳴り、喜代美(貫地谷しほり)は、草若らと共に会場の「寝床」の前に立つ。
店の外で出番を待つ喜代美に激を飛ばして店の中に入って行く草若(渡瀬恒彦)達。
草若「出囃子が鳴ったら、入っておいで」
小草若「頑張りや!」
草原「明るく元気にな!」
四草「適当にな!」
そして、「頑張れ!俺がついてる」と草々に抱きしめられる妄想をする喜代美だが・・・・
草々は喜代美の肩を叩き、店の中に入って行く。
髪を結ってくれた磯七(松尾貴史)、着付けをしてくれた菊江(キムラ緑子)、写真を撮ってくれた奈津子(原沙知絵)、かんざしを挿してくれた兄弟子達の姿が脳裏に浮かび、みんなの温かい応援が心の支えになるはずが、逆にプレッシャーになり、泣きそうな顔で手拭を握り締める喜代美。

いよいよ、


⇒⇒⇒ちりとてちん』HPへ



<< NHKちりとてちん日記 のトップへ戻る
posted by chiritote-chin at 01:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 第10週「瓢箪から困った」

『ちりとてちん』第55回あらすじ(12月3日)

『ちりとてちん』第55回あらすじ(12月3日)



入門から3ヵ月が過ぎ、ついに喜代美(貫地谷しほり)の初高座が決まった。喜代美は草若(渡瀬恒彦)から”徒然亭若狭”という芸名をもらい、演目「ちりとてちん」の練習に精を出していた。
一方、小浜でも正典(松重豊)の塗り箸が大阪の大手デパートで扱われることになり、糸子(和久井映見)達は喜びでいっぱい。
本番前日の夜中まで必死に稽古に励む喜代美に草々(青木崇高)は、寝不足で高座に上がったら声が出ない、初高座は大きい声で元気にやるとよいとアドバイスする。

翌日


⇒⇒⇒ちりとてちん』HPへ



<< NHKちりとてちん日記 のトップへ戻る
posted by chiritote-chin at 01:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 第10週「瓢箪から困った」

『ちりとてちん』第54回あらすじ(12月1日)

『ちりとてちん』第54回あらすじ(12月1日)



喜代美(貫地谷しほり)が、「ちりとてちん」の稽古に懸命に励む中、同じエンターティナー?として草若(渡瀬恒彦)の落語に心を打たれた熊五郎(木村祐一)のはからいで、次の落語会の会場が再び居酒屋「寝床」に決まった。喜代美も草若の「出てみるか?初高座」のひと言で、そこで初めて高座に上がることになる。
喜代美の落語家デビューが決まり、糸子(和久井映見)ら小浜の家族は大喜びするが、喜代美は絶対見に来るな!と一方的に電話を切ってしまう。
「寝床」では、磯七(松尾貴史)が、緊張と不安でいっぱいの喜代美に高座名を決めなければならないと助言する。
鯖江から小浜に引っ越して以来、A子(清海)の裏側のB子だった喜代美にとって、新しい名前がもらえるということは、今度こそ生まれ変われるという願ってもないチャンスだった。喜代美は果たして自分にどんな名前が付けられるのか気になって仕方がない。
四草(加藤虎ノ介)が喜代美の芸名で再び”きつねうどん”を賭けようと提案すると・・・・
草原(桂吉弥)⇒”草じき(そうじき)”
四草⇒”草しき(そうしき)”
小草若⇒”草せーじ(ソウセージ)”
草々⇒”草りがま(くさかりがま)” ですって(笑)
そんなことがあってから数日が経ち、いよいよ命名当日。草若はおもむろに喜代美の高座名を告げる。

喜代美の芸名は・・・・


⇒⇒⇒ちりとてちん』HPへ



<< NHKちりとてちん日記 のトップへ戻る

『ちりとてちん』第53回あらすじ(11月30日)

『ちりとてちん』第53回あらすじ(11月30日)



ちりとてちん」の初稽古の日、喜代美(貫地谷しほり)は草若(渡瀬恒彦)の酒のあてにされながら、必死で草原(桂吉弥)に稽古をつけてもらうが、結局その日は、喜ぃさんがお酒をよばれるところまで進むことはできなかった。
ただでさえ不器用な喜代美にとって、稽古と家事を両立することも、一人で二役を演じ分けることも、幾つもの動作をしながら台詞をしゃべり続けることも何一つ両立できず、喜代美はたちまち凹んでしまう。
縁側で雑巾がけをしながら、大きなため息をついていると、突然ある人がやって来た。

突然やって来た人とは?


⇒⇒⇒ちりとてちん』HPへ



<< NHKちりとてちん日記 のトップへ戻る
NHKちりとてちん日記
気になるNHK朝ドラ連続テレビ小説)『ちりとてちん』のあらすじは『NHKちりとてちん日記』でわかる!!

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。