NHKちりとてちん日記
今日のNHK連続テレビ小説朝ドラ)『ちりとてちん』を見逃しても『NHKちりとてちん日記』であらすじがわかる!!

『ちりとてちん』第1回あらすじ(10月1日)

『ちりとてちん』第1回あらすじ(10月1日)

1982年夏。9歳の喜代美(桑島真里乃)と父親の正典(松島豊)、母親の糸子(和久井映見)、弟正平(星野亜門)の4人は、正典の実家がある福井県小浜市へ引っ越す道中だった。正典の帰郷は、若狭塗りばし職人である祖父の正太郎(米倉斉加年)とけんかして以来、10年ぶり。小浜にたどり着いた一家は、元芸者で祖母の小梅(江波杏子)や叔父の小次郎(京本政樹)と喜びの再会をする。しかし、正太郎は後を継ぎたいと頭を下げる正典のことを認めようとしない。





⇒⇒⇒ちりとてちん』HPへ



<< NHKちりとてちん日記 のトップへ戻る
posted by chiritote-chin at 16:14 | 第1週「笑う門には福井来る」
NHKちりとてちん日記
気になるNHK朝ドラ連続テレビ小説)『ちりとてちん』のあらすじは『NHKちりとてちん日記』でわかる!!
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。