NHKちりとてちん日記
今日のNHK連続テレビ小説朝ドラ)『ちりとてちん』を見逃しても『NHKちりとてちん日記』であらすじがわかる!!

『ちりとてちん』第41回あらすじ(11月16日)

『ちりとてちん』第41回あらすじ(11月16日)

落語会の3日前。草々(青木崇高)が愛宕山を稽古していると、隣の部屋で寝転んでいた草若(渡瀬恒彦)が起き上がり草々の声に合わせて口を動かす。小さくため息をついて外に出て行く草若。
その頃、喜代美(貫地谷しほり)は、糸子(和久井映見)の厳しい特訓に耐えかね、そば打ちを放り投げて、仏壇屋の菊江(キムラ緑子)に愚痴をこぼしに来ていた。すると、そこへ小草若(茂山宗彦)が、ちゃんと稼いでいるのがわかるように、一番高い線香をくれとやって来た。お母ちゃんを安心させてやりたいたいという小草若の言葉に、そう思うのならお父ちゃんと仲良くしろと言う菊江と、3年前の事件の時、草若には何か訳があったのではと言う喜代美に対し、小草若は「親父の見方をする奴はおかんの敵や!」と取り付く島も無い。たまりかねた菊江は、3年前の一門会の時の真相を語る。
3年前、一門会の当日・・・・。
草若は医者から妻志保(藤吉久美子)が余命3ヶ月と告げられた。ショックを隠しきれない草若だったが、志保には自分のお囃子をやるために早く元気になってくれと励まし、病室を後にした。その日、菊江は志保の見舞いに行き、志保から自分が長く生きられないこと、さっきの師匠の様子がおかしかったことからそのことを師匠が知ってしまったのではないかと聞かされる。心配した菊江は一門会の会場へと急ぐが、ただ呆然と歩いていた草若は会場を目の前にして行方をくらましてしまう。
そのまま、草若が一門会をすっぽかしたと聞かされた志保は、芸人たるものは、身内の不幸でも何でも笑いに変えるようでないとあかんと言っていた師匠が、高座をすっぽかしたことを弟子ら、誰よりも小草若には知られたくないはずと菊江に口止めしたのだった。
奥さんの余命が短いと知ったら落語なんかできるはずがないという喜代美に対し、小草若は「芸人というのはそういうもんなんや!!」とキッパリと言い切った。草若の芸の魂を引き継いでいるとわかった菊江は安心し、親として軽蔑される覚悟で師匠として精一杯虚勢を張っている草若を思い、これで良かったのだと呟く。
真相を知った小草若は、亡き志保の墓前で涙をこらえ、ある決意をする。
小草若が草若家に戻ると、母から受け継いだ蕎麦の味を喜代美にも覚えてもらいたいう糸子が、喜代美に厳しくそば打ちの特訓をしていた。二人の姿を廊下でじっと見つめていた小草若は、険しい顔で草々らの稽古場へと入って行く。落語会のチラシを破り捨てた小草若は、自分も落語会に出演すると宣言。驚く草々らと喜代美。だが、草々は小草若のネタを真似して「底抜けにお帰り!」と迎える。
四草がチラシに小草若の名前を加え、熊五郎(木村祐一)の店の前に貼って戻ってくると、いつものように草々と小草若が揉めていた。原因は小草若がトリを務めたいと言い出したからだ。じゅげむしかできない小草若がトリを務めることに納得できない草々だったが、草原(桂吉弥)は小草若のトリを認める。トリがじゅげむの落語会なんて聞いたことがことがないという草々。しかし、草原は小草若に愛宕山をやるように命じる。
結局、一席目のじゅげむしかできなくなった草々は不満をもらすが、この落語会は草若の落語を受け継ぐ決意表明。草若の十八番の愛宕山を小草若がトリで務めるのが一番いいという草原。
散歩から戻った草若は、熊五郎の店に貼ってある落語会のチラシの出演者に小草若の名前を見つけ、驚く。

もうやだ〜(悲しい顔)ようやく、3年前の真相がわかりましたね(涙)小草若も落語会に参加することになり、後は草若だけ・・・・
いよいよ明日は落語会?小草若は無事愛宕山でトリを務められるのか!?その時、草若は・・・・?早く続きが見た〜い!!







⇒⇒⇒ちりとてちん』HPへ



<< NHKちりとてちん日記 のトップへ戻る
posted by chiritote-chin at 16:31 | Comment(2) | TrackBack(0) | 第7週「意地の上にも三年」
この記事へのコメント
いつもご苦労さまです。

仕事の都合で見逃してしまい、
くやしい想いをしたときに
助けてもらってます。

大変だとは思いますが、
これからも頑張って下さい。
Posted by 503 at 2007年11月19日 21:45
>503さん

はじめまして。

たった15分ですが、毎日見ているのを見逃してしまうと、とっても悔しいものですよね。

特にそれが話の流れで大事な回だったりすると余計にです。

私もできるだけ頑張って更新するつもりですが、なんせまだ手のかかる子供達がいるもので時々更新できないこともあります。

でも、こうして温かいお言葉をかけて頂けると、とっても励みになります!

これからも、よろしくお願いしますね!
Posted by ちゃりん at 2007年11月22日 00:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
NHKちりとてちん日記
気になるNHK朝ドラ連続テレビ小説)『ちりとてちん』のあらすじは『NHKちりとてちん日記』でわかる!!
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。