NHKちりとてちん日記
今日のNHK連続テレビ小説朝ドラ)『ちりとてちん』を見逃しても『NHKちりとてちん日記』であらすじがわかる!!

『ちりとてちん』第6回あらすじ(10月6日)

『ちりとてちん』第6回あらすじ(10月6日)



正太郎(米倉斉加年)の死から立ち直れない喜代美(桑島真里乃)は、彼の工房で泣き通しの日々。正典(松重豊)は塗りばし職人の道をあきらめ、みやげもの店で働こうとするが、泣き疲れて眠った喜代美が握りしめていた正太郎の落語のカセットテープを見て、正太郎の本当の思いを知り、秀臣(川平慈英)に正太郎の若狭塗り箸を教えて欲しいと頼み、秀臣の製作所で箸作りの仕事に就く。
家族がそれぞれ亡き正太郎を思う中、夜中にふと目覚めた喜代美は突然糸子(和久井映見)に正太郎から聞いた梅丈岳で、”かわらけ投げ”をしたいと言い出し、二人で梅丈岳へ向かう。梅丈岳の頂上で喜代美は正太郎への思いを込めて何枚も何枚も気がすむまで”かわらけ投げ”をする。糸子も喜代美に続いて、「喜代美が早く元気になるように」と願いを込めて”かわらけ投げ”をする。ところが、最後の1枚のつもりがうっかり財布を投げてしまった。慌てて、策によじのぼり財布を取りに行こうとする糸子を見て、喜代美はまるで正太郎と聞いた愛宕山(あたごやま)という落語に出てくる一八のようだと笑った。

正太郎が大事にしていた落語のカセットテープに書かれた日付は、正典が正太郎の後を継いで塗りばし職人になると決めた日だったんですね〜。正太郎はたいそう喜び、この日を記念に残したいと正典と二人で落語を聞きに行き、大笑いしたんだそうです。正典は、そのことを思い出したんですね。正太郎は正典が再び戻って来ると知った頃から、工房でこのカセットテープを聞いていたらしいです。よほど嬉しかったんでしょうねぇ。喜代美もなんとか立ち直ったようですし、正典さんも何とか頑張って、塗りばし職人になって欲しいですよね!

⇒⇒⇒ 落語 愛宕山を聞いてみる!




⇒⇒⇒ちりとてちん』HPへ



<< NHKちりとてちん日記 のトップへ戻る
posted by chiritote-chin at 16:57 | 第1週「笑う門には福井来る」

『ちりとてちん』第5回あらすじ(10月5日)

『ちりとてちん』第5回あらすじ(10月5日)



正太郎(米倉斉加年)が工房で倒れた。医師には、もはや回復の見込みはないと告げられる。喜代美(桑島真里乃)はラジカセを病室に持ち込み、死の床にある正太郎に落語を聞かせる。陽気な落語に糸子(和久井映見)や正典(松重豊)は不謹慎と思いつつも笑いをこらえきれない。皆の笑い声に意識を取り戻した正太郎は「一回きりの人生なのだから、たくさん笑った方がいい」と喜代美に告げ、息を引き取る。通夜の晩、正典は正太郎の後を継ぐ決心をする。

なんと、正太郎さんはあっけなく亡くなってしまいましたね!でも、最後の最後で正典と和解できて良かった。今日もまた、「一回きりの人生なのだから、たくさん笑った方がいい」と言い残した正太郎さんの言葉がズシンと胸に響きました。
そういえば通夜の晩、喜代美のクラスメート清海(佐藤初)の父親秀臣(川平慈英)が来ていましたが、喜代美の祖母小梅(江波杏子)に追い返されてしまいましたね〜
秀臣はかつて、正太郎とは師弟関係にあったようですが、出て行ったことを小梅は未だに根に持っている様子。それにしても江波杏子さんに睨まれると恐〜い!と思うのは私だけ!?




⇒⇒⇒ちりとてちん』HPへ



<< NHKちりとてちん日記 のトップへ戻る
posted by chiritote-chin at 22:02 | 第1週「笑う門には福井来る」

『ちりとてちん』第4回あらすじ(10月4日)

『ちりとてちん』第4回あらすじ(10月4日)



正典(松重豊)と正太郎(米倉斉加年)が、ついに真っ向から衝突。正太郎は、和田のはしは自分の代でおしまいだと正典に言い放つ。何とか二人を仲直りさせたい喜代美(桑島真里乃)は、和解のための宴席を用意しようと悪戦苦闘し、台所をメチャクチャにしてしまう。その姿を見た正典は、正太郎に初めて自分から頭を下げる。しかし、正太郎はどうしても正典を許そうとしない。
一方、喜代美は同姓同名のクラスメート清海(佐藤初)の家の工場を訪れ、清海の父親秀臣(川平慈英)が、かつて正典と同じように正太郎のもとを離れていった弟子であることを知る。自分が欲しいもの全てを持っている清海に嫉妬し、落ち込んでいる喜代美を見て、正太郎は漆を何度も何度も塗り重ねて作る若狭塗りばしのように、今の経験が将来きっと喜代美の役に立つと説く。そして、笑顔を取り戻した喜代美といつものように落語を聞こうとしたその時、正太郎が突然倒れる!

正太郎さん、大丈夫でしょうか!?正典があれだけ頭を下げても「許すわけにはいかない」と目に涙を浮かべていましたが、病気と何か関係があるのでしょうか?まさか、いきなり死んじゃうなんてことは・・・・明日の放送が気になります。
ところで、若狭塗りばしって綺麗ですねぴかぴか(新しい)箸の土台に、貝殻や玉子の殻、松葉をつけて、上から何度も何度も漆を塗って、その上を石で磨くと貝殻たちが美しい模様となって現れるなんて初めて知りました!正太郎曰く、クズ同然のものが漆を塗り重ねることによって、美しく蘇る!人生も同じなんですね。

⇒⇒⇒日本でただ1人の国指定・若狭塗り伝統工芸士 古井正弘氏作の若狭塗り



⇒⇒⇒ちりとてちん』HPへ



<< NHKちりとてちん日記 のトップへ戻る
posted by chiritote-chin at 16:40 | 第1週「笑う門には福井来る」

『ちりとてちん』第3回あらすじ(10月3日)

『ちりとてちん』第3回あらすじ(10月3日)



喜代美(桑島真里乃)は正太郎(米倉斉加年)の工房のラジカセから流れてきた落語を聞き、思わず笑う。すっかり落語に夢中になった喜代美は、正太郎とも仲良くなる。
しかし、学校では相変わらず人気者の清海(佐藤初)の陰で縮こまる日々・・・・。クラスの人気者になりたい喜代美は糸子(和久井映見)に、遠足当日は豪華な弁当を作ってほしいと頼む。
そして、遠足当日。喜代美が弁当のフタを空けると、そこにはなんと越前そばが!!豪華な弁当を見せびらかしてクラスの人気者になる喜代美の策略はもろくも崩れ去り、それどころかクラスのみんなの笑い者になってしまった。

喜代美の母親・糸子(和久井映見)ですが、おもしろいキャラですね〜(笑)確かに、コンビにで”そば弁当”は売っていますが、遠足に”そば弁当”とは・・・・しかも、糸子さんも子供の頃、母親に”そば弁当”を作ってもらい、嬉しくてクラスのみんなに見せびらかしたとか!
糸子さんて、きっと悩み事とかないんだろうな〜


⇒⇒⇒ちりとてちん』HPへ



<< NHKちりとてちん日記 のトップへ戻る
posted by chiritote-chin at 16:34 | 第1週「笑う門には福井来る」

『ちりとてちん』第2回あらすじ(10月2日)

『ちりとてちん』第2回あらすじ(10月2日)



小浜に引っ越した喜代美(桑島真里乃)は、転校先の小学校で同姓同名の同級生、清海(佐藤初)と出会う。学校一、頭が良くて、きれいで人気者の清海に対して、何かと地味な喜代美は次第に脇役扱いされるようになる。一方、和田家ではいまだに正太郎(米倉斉加年)と正典(松重豊)が和解できずにいた。ある日、喜代美は正太郎の工房から流れてくる不思議な音声に引かれ、工房に入り込む。


⇒⇒⇒ちりとてちん』HPへ



<< NHKちりとてちん日記 のトップへ戻る
posted by chiritote-chin at 16:28 | 第1週「笑う門には福井来る」

『ちりとてちん』第1回あらすじ(10月1日)

『ちりとてちん』第1回あらすじ(10月1日)



1982年夏。9歳の喜代美(桑島真里乃)と父親の正典(松島豊)、母親の糸子(和久井映見)、弟正平(星野亜門)の4人は、正典の実家がある福井県小浜市へ引っ越す道中だった。正典の帰郷は、若狭塗りばし職人である祖父の正太郎(米倉斉加年)とけんかして以来、10年ぶり。小浜にたどり着いた一家は、元芸者で祖母の小梅(江波杏子)や叔父の小次郎(京本政樹)と喜びの再会をする。しかし、正太郎は後を継ぎたいと頭を下げる正典のことを認めようとしない。


⇒⇒⇒ちりとてちん』HPへ



<< NHKちりとてちん日記 のトップへ戻る
posted by chiritote-chin at 16:14 | 第1週「笑う門には福井来る」
NHKちりとてちん日記
気になるNHK朝ドラ連続テレビ小説)『ちりとてちん』のあらすじは『NHKちりとてちん日記』でわかる!!

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。