NHKちりとてちん日記
今日のNHK連続テレビ小説朝ドラ)『ちりとてちん』を見逃しても『NHKちりとてちん日記』であらすじがわかる!!

『ちりとてちん』第18回あらすじ(10月20日)

『ちりとてちん』第18回あらすじ(10月20日)



せっかく大阪に出てきても変わらない自分の惨めさを痛感した喜代美(貫地谷しほり)は、小浜に帰ろうと決意する。
ところが突然、草々(青木崇高)がここで一緒に暮らして欲しいと喜代美に頼み込む。この3年死んだようだった師匠の草若(渡瀬恒彦)が、喜代美が現れたことによって生き生きとした顔を見せたからなのだという。喜代美は何としても小浜に帰ろうとするが、今度は糸子(和久井映見)が大阪に残るように告げる。草若と暮らせば、喜代美が生き生きとしていられるような気がしたからだった。
結局、喜代美は離れに下宿することになり、訪ねてきた奈津子(原沙知絵)の頼みで奈津子のアシスタントを務めることになった。
小浜に帰る糸子を見送った後、糸子が仕度していった夕食を眺めながら、あんなに嫌だった茶色だらけのおかずを懐かしく思い涙する喜代美。
小浜に向かう列車の中で、涙する糸子・・・・。

来週からいよいよ喜代美の新しい大阪での生活がスタートしますね。でもまさか、糸子が草若に喜代美を下宿させて欲しいと頼み込むとは意外な展開でした。
喜代美の部屋に釘を打ちつけた糸子でしたが、どんだけ長い釘を打ちつけたのか草々の部屋にまで貫通させてしまいました。(落語の『粗忽の釘』か!?)しかも、草々がその釘を抜こうとするとナント壁まで一緒に抜けてしまい、壁に穴が空いてしまうなんて!!
コントさながらの『ちりとてちん』。来週からの喜代美の新しい生活が楽しみです!

⇒⇒⇒ 『粗忽の釘』を聴いてみる!




⇒⇒⇒ちりとてちん』HPへ



<< NHKちりとてちん日記 のトップへ戻る
posted by chiritote-chin at 17:07 | 第3週「エビチリも積もれば山となる」

『ちりとてちん』第17回あらすじ(10月19日)

『ちりとてちん』第17回あらすじ(10月19日)



喜代美(貫地谷しほり)が心配で捜しに来た糸子(和久井映見)は、相変わらず何の展望もない娘を見て小浜に連れ帰ろうとする。だが喜代美は、「どうしてもっとかしこく産んでくれなかったのか、綺麗に産んでくれなかったのか」と暴言を吐き、またしても糸子を傷つけてしまう。
そこへ、貧相ないでたちの田中(徳井優)と名乗る男性が現れる。彼は通称、”哀れの田中”という大阪一すご腕の取り立て屋だった。田中のあまりの哀れな境遇に一同は、なすすべもないが、喜代美だけは自分も似たような経験があると田中との哀れ合戦が始まる。そして、ついに・・・・
喜代美と田中の哀れ合戦の勝敗は?


⇒⇒⇒ちりとてちん』HPへ



<< NHKちりとてちん日記 のトップへ戻る
posted by chiritote-chin at 17:16 | 第3週「エビチリも積もれば山となる」

『ちりとてちん』第16回あらすじ(10月18日)

『ちりとてちん』第16回あらすじ(10月18日)



草若(渡瀬恒彦)の家で高熱を出し、意識を失ってしまった喜代美(貫地谷しほり)は、台所で草々(青木崇高)がおかゆを作ろうと悪戦苦闘する音で目が覚める。
空腹の3人は向かいの居酒屋に出前を頼むが、店主の熊五郎(木村祐一)から今までの付けを払えとすごまれてしまう。喜代美は突然の騒動に困惑するが、草若は何とかして出前を食べようと喜代美に片棒を担がせ死んだふりをする。
喜代美は、まんまと騙された熊五郎にどんぶりを返そうと店の前まで来るが、なかなか店の中に入って行けない。そこへ、喜代美を心配して大阪にやって来た糸子(和久井映見)が突然現れた。

糸子はどうして喜代美の居場所がわかったのか?


⇒⇒⇒ちりとてちん』HPへ



<< NHKちりとてちん日記 のトップへ戻る
posted by chiritote-chin at 16:37 | 第3週「エビチリも積もれば山となる」

『ちりとてちん』第15回あらすじ(10月17日)

『ちりとてちん』第15回あらすじ(10月17日)



喜代美(貫地谷しほり)が出会った2人の男性は、元落語家の徒然亭草若(渡瀬恒彦)と弟子の草々(青木崇高)だった。師匠の草若は、昔は上方落語の四天王とまで言われていたが、訳あって落語家を廃業したらしく、今は食事をする金にも困っているありさま。借金の取立てにもあっている様子。
喜代美は得体の知れない二人に関わりたくなかったのだが、熱を出して寝込んでしまう。
その頃小浜では、清海(佐藤めぐみ)から連絡を受け、糸子(和久井映見)らが、行方の分からない喜代美の身を心配をしていた。

落語家の草若は、どうして廃業したんでしょうねぇ?どうして草々は、そんな草若のもとを離れないのでしょうか?とっても気になります!
それにしても、18歳の娘に毛糸のパンツを送ろうとしている糸子さん。相変わらずのマイペースぶりです。血液型はB型かしら?



⇒⇒⇒ちりとてちん』HPへ



<< NHKちりとてちん日記 のトップへ戻る
posted by chiritote-chin at 16:53 | 第3週「エビチリも積もれば山となる」

『ちりとてちん』第14回あらすじ(10月16日)

『ちりとてちん』第14回あらすじ(10月16日)



ささいなことが原因で清海(佐藤めぐみ)と仲たがいしてしまった喜代美(貫地谷しほり)は、彼女の家を飛び出し、あてどもなく大阪の街をさまよう。そんな中、喜代美はふと亡き祖父との思い出でもある落語の音声を耳にする。思わず声の方へ向かった喜代美の前に現れたのは、祖父のような温かさを漂わせる男性だった。
何か事情があるらしいその老人の家に招かれた喜代美は、そこで背が高く見た目が怖そうな若い男性と出会う。


喜代美が家を飛び出した原因は?


⇒⇒⇒ちりとてちん』HPへ



<< NHKちりとてちん日記 のトップへ戻る
posted by chiritote-chin at 17:14 | 第3週「エビチリも積もれば山となる」

『ちりとてちん』第13回あらすじ(10月15日)

『ちりとてちん』第13回あらすじ(10月15日)



喜代美(貫地谷しほり)は、”脇役人生”の自分を変えようと大阪へ旅立った。
だが頼りにしていたフリーライターの奈津子(原沙知絵)は長期取材中で留守だった。
夜の大阪の街で途方に暮れる喜代美は、仕方なく大阪の大学に通う同級生の清海(佐藤めぐみ)のマンションに転がり込む。都会で再会した清海は、なんとなく心細げな様子で、喜代美はそんな彼女に今までとは違う新鮮な印象を受ける。清海と一緒に暮らし始めた喜代美は、初めて彼女と友情を育むようになる。

いよいよ喜代美の大阪での人生がスタートしましたね。でも、頼りにしていた奈津子に会えずにいきなり大ピンチ!これから先が思いやられます・・・・。って、順風満帆だったら、ドラマは面白くないか!(笑)

⇒⇒⇒ 喜代美が作る夕食メニューは!?


⇒⇒⇒ちりとてちん』HPへ



<< NHKちりとてちん日記 のトップへ戻る
posted by chiritote-chin at 15:43 | 第3週「エビチリも積もれば山となる」
NHKちりとてちん日記
気になるNHK朝ドラ連続テレビ小説)『ちりとてちん』のあらすじは『NHKちりとてちん日記』でわかる!!

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。