NHKちりとてちん日記
今日のNHK連続テレビ小説朝ドラ)『ちりとてちん』を見逃しても『NHKちりとてちん日記』であらすじがわかる!!

『ちりとてちん』第36回あらすじ(11月10日)

『ちりとてちん』第36回あらすじ(11月10日)



次の日、落語に戻る決意をした草原(桂吉弥)と喜代美(貫地谷しほり)は、四草(加藤虎ノ介)の元を訪ねるが、四草が崇徳院を教える気が無いと悟った草々(青木崇高)は既に出て行った後だった。
本気で落語家に戻る決意をした草原に、四草は落語家に戻るだけでならまだわかるが、何でほされている草若(渡瀬恒彦)のところなのかと尋ねる。3年前、弟子のくせに師匠が一番ツライ時に師匠をほったらかして逃げたからだと答える草原に向かって、四草は「僕らをほったらかして逃げたのは草若師匠の方だ!!」と声を荒げた。冷血な四草が珍しく動揺している様子に草原たちが驚いていると・・・・

続きを読む




⇒⇒⇒ちりとてちん』HPへ



<< NHKちりとてちん日記 のトップへ戻る
posted by chiritote-chin at 00:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 第6週「蛙の子は帰る」

『ちりとてちん』第35回あらすじ(11月9日)

『ちりとてちん』第35回あらすじ(11月9日)



草々(青木崇高)が草原(桂吉弥)の家を出たと知り、喜代美(貫地谷しほり)はとっさに草々の行き先は四草(加藤虎ノ介)の所だと察し、直ちに四草が働く中国料理店へ向かった。喜代美は四草の店でようやく草々に会うことができたのだが、草々は出前の途中だった。四草に落語を教えてもらいたいばかりに店を手伝う草々の姿を見て、喜代美は他の師匠の下で落語に取り組んだらどうかと提案するが、相手にしてもらえないどころか草々を怒らせてしまった。
ある日、草々は四草に”天狗座”への出前を頼まれる。客席を覗き、かつてのライバルの高座での成長ぶりに動揺する草々。
その頃、喜代美は修理に出したハンドミキサーを取りに草原の店を訪ねていた。草々を助けたい喜代美は、草原にもう一度草若のもとに戻って欲しいと頼むのだが、草原は「不器用なあなたの手となって働いてくれるとっても器用なハンドミキサー」のキャッチコピーを見つめ、「かんでばかりいる自分の口に代わって、高座でよどみなくしゃべってくれる口が欲しいと18年間思い続けていた。18年落語をやっても芽が出なかった。人には向き不向きがある。」と頭を下げる。
夜、四草の部屋では、草々が四草に早く落語の稽古をつけてくれとせがんでいた。だが、四草は草々が草若に拘ってくすぶっている間にかつてのライバルは”天狗座”で場数を踏んでどんどん上達していると言い放ち、いい加減目を覚ましたらどうかとそっけない態度。
そして同じ頃、喜代美はどうしても気になっていることがあると草原の家に押し掛けていた。

喜代美が気になっていたこととは・・・・


⇒⇒⇒ちりとてちん』HPへ



<< NHKちりとてちん日記 のトップへ戻る
posted by chiritote-chin at 22:24 | Comment(2) | TrackBack(0) | 第6週「蛙の子は帰る」

『ちりとてちん』第34回あらすじ(11月8日)

『ちりとてちん』第34回あらすじ(11月8日)



草原(桂吉弥)の家に身を寄せることになった草々(青木崇高)が、早速崇徳院に出てくる「瀬をはやみ 岩にせかるる 滝川の〜」の解釈について草原に尋ねると、物知りな草原はその句について熱く語り出し、草々を感激させる。
一方、喜代美(貫地谷しほり)の草々への心配は募るばかり。しかし熊五郎(木村祐一)ら周囲の人々は、このまま捜さない方が草々のためだと話し、草若(渡瀬恒彦)も特に草々を心配する様子がない。
夜、仕事で失敗した草原が疲れて帰宅すると、息子の颯太が草々の落語をおもしろそうに聴いていた。草々は草原の解説によって、「瀬をはやみ〜」の句が「別れ別れになってしまったけど、いつか師匠や兄さんともう一度落語がしたい!」という思いと物凄く重なる部分があって気持ちを込めて言えるようになったと礼を言う。
夕食後、颯太に落語をしてくれとせがまれ草々は喜んで話し出したのだが・・・・

続きを読む


⇒⇒⇒ちりとてちん』HPへ



<< NHKちりとてちん日記 のトップへ戻る
posted by chiritote-chin at 20:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 第6週「蛙の子は帰る」

『ちりとてちん』第33回あらすじ(11月7日)

『ちりとてちん』第33回あらすじ(11月7日)



元一番弟子の草原(桂吉弥)から一門への復帰を断られた喜代美(貫地谷しほり)と草々(青木崇高)は、中国料理店で働く元四番弟子の四草(加藤虎ノ介)を訪ねる。だが彼は、落語家を目指していたわけではなくただ、「算段の平兵衛(さんだんのへいべい)」のような男になりたかっただけだと喜代美らを鼻であしらう。
結局三人の弟子達は誰一人戻らず、喜代美と草々は落胆。

追い討ちをかけるように・・・・


⇒⇒⇒ちりとてちん』HPへ



<< NHKちりとてちん日記 のトップへ戻る
posted by chiritote-chin at 11:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 第6週「蛙の子は帰る」

『ちりとてちん』第32回あらすじ(11月6日)

『ちりとてちん』第32回あらすじ(11月6日)



草々(青木崇高)の力になりたい喜代美(貫地谷しほり)は、散り散りになった弟子たちを集めて落語会を開こうと決心。
まず、小草若(茂山宗彦)に頼むが、「草々に協力する気は全く無い」と断られ、話の途中で草々が現れ口論になってしまう。余計なことをするなと怒る草々に喜代美は、塗り箸職人の修行を途中で諦めた父親の正典(松重豊)が、祖父の塗り箸を途絶えさせてはいけないと思い直し、再び塗り箸作りを始めた話をし、草若(渡瀬恒彦)の落語を途絶えさせたくないという草々の気持ちを知ったら、弟子だった人達も戻って来てくれるかもしれないと言い出し、一緒に残りの二人に頼みに行こうと訴える。


ついで草々と二人で訪れたのは、


⇒⇒⇒ちりとてちん』HPへ



<< NHKちりとてちん日記 のトップへ戻る
posted by chiritote-chin at 15:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 第6週「蛙の子は帰る」

『ちりとてちん』第31回あらすじ(11月5日)

『ちりとてちん』第31回あらすじ(11月5日)



久々の福井で糸子(和久井映見)たち家族から元気をもらい、大阪に戻った早々、喜代美(貫地谷しほり)は草々(青木崇高)に「俺の妹になってくれ!」と頼まれる。落語家としての草若(渡瀬恒彦)の復帰を願う草々は喜代美が弟子入りを志願していると嘘をつき、草若の意欲を高めようとする。

草々の心情を察する喜代美は便乗するが・・・・


⇒⇒⇒ちりとてちん』HPへ



<< NHKちりとてちん日記 のトップへ戻る
posted by chiritote-chin at 23:29 | 第6週「蛙の子は帰る」
NHKちりとてちん日記
気になるNHK朝ドラ連続テレビ小説)『ちりとてちん』のあらすじは『NHKちりとてちん日記』でわかる!!

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。