NHKちりとてちん日記
今日のNHK連続テレビ小説朝ドラ)『ちりとてちん』を見逃しても『NHKちりとてちん日記』であらすじがわかる!!

『ちりとてちん』第42回あらすじ(11月17日)

『ちりとてちん』第42回あらすじ(11月17日)



落語会当日。喜代美(貫地谷しほり)は、糸子(和久井映見)に助けられながらも、何とか蕎麦を仕上げた。
草若(渡瀬恒彦)は、弟子達の高座にはあくまで無関心を装っていたが、糸子は師匠が聴かないで誰が聴くのかと言って、強引に会場に連れ出す。
客席は和田家をはじめ知人でいっぱいに。そこには、草々(青木崇高)のかつてライバル達も座っていた。
草原(桂吉弥)と四草(加藤虎ノ介)がお囃子を、喜代美がお茶子を務め、ついに一番手の草々が高座に上がる。


続きを読む




⇒⇒⇒ちりとてちん』HPへ



<< NHKちりとてちん日記 のトップへ戻る
posted by chiritote-chin at 15:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 第7週「意地の上にも三年」

『ちりとてちん』第41回あらすじ(11月16日)

『ちりとてちん』第41回あらすじ(11月16日)



落語会の3日前。草々(青木崇高)が愛宕山を稽古していると、隣の部屋で寝転んでいた草若(渡瀬恒彦)が起き上がり草々の声に合わせて口を動かす。小さくため息をついて外に出て行く草若。
その頃、喜代美(貫地谷しほり)は、糸子(和久井映見)の厳しい特訓に耐えかね、そば打ちを放り投げて、仏壇屋の菊江(キムラ緑子)に愚痴をこぼしに来ていた。すると、そこへ小草若(茂山宗彦)が、ちゃんと稼いでいるのがわかるように、一番高い線香をくれとやって来た。お母ちゃんを安心させてやりたいたいという小草若の言葉に、そう思うのならお父ちゃんと仲良くしろと言う菊江と、3年前の事件の時、草若には何か訳があったのではと言う喜代美に対し、小草若は「親父の見方をする奴はおかんの敵や!」と取り付く島も無い。たまりかねた菊江は、3年前の一門会の時の真相を語る。
3年前の一門会の時、一体何があったのか・・・


⇒⇒⇒ちりとてちん』HPへ



<< NHKちりとてちん日記 のトップへ戻る
posted by chiritote-chin at 16:31 | Comment(2) | TrackBack(0) | 第7週「意地の上にも三年」

『ちりとてちん』第40回あらすじ(11月15日)

『ちりとてちん』第40回あらすじ(11月15日)



草若(渡瀬恒彦)の亡くなった妻志保(藤吉久美子)は草若のお囃子さんだった。不器用で家事も三味線も一人前になるまで人の倍時間がかかっていたが、おかみさんがいてくれるだけで、気持ちが明るくなり、タンポポの花のように、そこだけいつも春の陽だまりみたいにあったかかったと草々から聴かされた喜代美は、初めて草若の家に来た時、庭のタンポポの前に座って落語を呟いていた草若の姿を思い出した。草若はいつでも亡くなった奥さんのことを考えていたのだと気づいた喜代美は、三年前一門会の日に、別の女と一緒にいたという草若の行動を不思議に思った。
次の日、喜代美は糸子(和久井映見)から蕎麦の打ち方を習うのだが、なかなか上手に打てず途中で放り投げてしまう。
その頃、小草若(茂山宗彦)は草若の部屋にこっそりと忍び込み、仏壇に線香をあげようとしていた。すると、隣の部屋の襖越しに落語が聞こえて来る。

聞き覚えのあるその声は・・・・


⇒⇒⇒ちりとてちん』HPへ



<< NHKちりとてちん日記 のトップへ戻る
posted by chiritote-chin at 13:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 第7週「意地の上にも三年」

『ちりとてちん』第39回あらすじ(11月14日)

『ちりとてちん』第39回あらすじ(11月14日)



落語会の準備が着々と進む中、熊五郎が突然店を貸せないと言い出した。それは落語会を妨害しようとした小草若(茂山宗彦)の仕業だった。小草若と草々(青木崇高)らが揉めていると、そこへ草若が現れる。草若は皆の前で毒づく小草若に向かって「おれは二度と高座には戻らん」と告げる。喜代美(貫地谷しほり)は、仏壇屋の菊江(キムラ緑子)の元へ立ち寄った小草若を追いかけて、小草若が師匠を憎む理由を聞き出す。


小草若が師匠を憎む理由とは・・・・


⇒⇒⇒ちりとてちん』HPへ



<< NHKちりとてちん日記 のトップへ戻る
posted by chiritote-chin at 16:09 | Comment(0) | TrackBack(1) | 第7週「意地の上にも三年」

『ちりとてちん』第38回あらすじ(11月13日)

『ちりとてちん』第38回あらすじ(11月13日)



翌朝、喜代美(貫地谷しほり)は、熊五郎(木村祐一)の店で落語会を開こうと草々(青木崇高)らに提案する。しかし、草々は以前熊五郎に尋ねた時に、「このステージは妻である咲に愛を捧げる為に作ったものだから」と断られたことがあり無理だと言う。しかし、四草(加藤虎之介)の算段で熊五郎からステージをなんとタダで借りることに成功した。

四草の算段とは・・・・


⇒⇒⇒ちりとてちん』HPへ



<< NHKちりとてちん日記 のトップへ戻る
posted by chiritote-chin at 13:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 第7週「意地の上にも三年」

『ちりとてちん』第37回あらすじ(11月12日)

『ちりとてちん』第37回あらすじ(11月12日)



元一番弟子の草原(桂吉弥)と四番弟子・四草(加藤虎之介)が、徒然亭一門に帰ってきた。喜ぶ喜代美(貫地谷しほり)と草々(青木崇高)だが、肝心の草若(渡瀬恒彦)は「俺はもう落語家やない。落語をやりたいならよそへ行け」と素っ気ない。
草原は徒然亭の名を広めるために、落語会を開くことを目標に掲げる。それならば、名前の売れている小草若(茂山宗彦)をトリで出そうと四草が提案するが、三人の話が気になりそれを盗み聴きしていた小草若は落語会には出ないとキッパリ言い切って店を出て行った。
喜代美は草々ら三人の士気が上がるのを見て、何か手伝おうとするが、役に立てることがなかった。
そんな時・・・・


⇒⇒⇒ちりとてちん』HPへ



<< NHKちりとてちん日記 のトップへ戻る
posted by chiritote-chin at 21:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 第7週「意地の上にも三年」
NHKちりとてちん日記
気になるNHK朝ドラ連続テレビ小説)『ちりとてちん』のあらすじは『NHKちりとてちん日記』でわかる!!

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。