NHKちりとてちん日記
今日のNHK連続テレビ小説朝ドラ)『ちりとてちん』を見逃しても『NHKちりとてちん日記』であらすじがわかる!!

『ちりとてちん』第85回あらすじ(1月12日)

『ちりとてちん』第85回あらすじ(1月12日)



帰宅後、草々(青木崇高)は自分の落語を聴いてもらいたくてあの番組に出たにも関わらず、喜代美(貫地谷しほり)が出て来た途端、落語の番組ではなくバラエティになってしまったと喜代美をなじる。すると、喜代美はああいう話もしないと落語も聴いてもらえないと口答えする。草々が、ええ落語をしてたら必ず客はついてきてくれると訴えると、喜代美は落語だけして生きて行けると思っているのか、バラエティで名前を売るのも落語の宣伝だと反撃。芸も無いのに落語家名乗ってタレントみたいなことしている奴が、落語の値打ちを下げると言った草々に向かって、喜代美は思わず、そんなことは生活できるだけ稼いでから言って欲しいと口を滑らせる。
喜代美がそんな風に思っていたと知った草々はショックを受ける。今は稼ぎが少ないかもしれないが、いつか師匠のようになるその日まで、どんなに貧しくても一緒に頑張って行ける女と一緒になったつもりだったが違ったみたいだと言う草々を見て、うろたえた喜代美だったが・・・・。

草々が次に口にした言葉に逆ギレ!




⇒⇒⇒ちりとてちん』HPへ



<< NHKちりとてちん日記 のトップへ戻る
posted by chiritote-chin at 16:03 | Comment(0) | TrackBack(1) | 第15週「出る杭は浮かれる」

『ちりとてちん』第84回あらすじ(1月11日)

『ちりとてちん』第84回あらすじ(1月11日)



草若(渡瀬恒彦)の家の居間で、兄弟子達が喜代美(貫地谷しほり)の出演しているテレビを見ている。営業の仕事がちょいちょい入るだけの自分達に比べ、女というだけで仕事が入る喜代美を羨む四草(加藤虎ノ介)。小草若(茂山宗彦)は、自分がかつて売れていた頃、草々に散々言われてきた「しょーもないタレント活動ばっかりしてんと、ちゃんと古典の落語をやれと喜代美には言わないのか?」と、ここぞとばかりに草々に嫌味を言う。何も言えず出て行く草々。草原(桂吉弥)は「自分より稼いでる嫁にそんなこと言える訳ないやろ」と小草若を責めるが、小草若は知っていてあえて口にしたと言い放ち、草原らに小さい男だとひんしゅくを買う。
一方、奈津子(原沙知絵)のマンションに呼び出された喜代美は、おばちゃん達と握手をしたりサインしたりと小次郎(京本政樹)の小銭稼ぎを手伝わされ、タレントとしてスポットライトを浴びることに快感を覚え始める。

夜・・・。


⇒⇒⇒ちりとてちん』HPへ



<< NHKちりとてちん日記 のトップへ戻る
posted by chiritote-chin at 12:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 第15週「出る杭は浮かれる」

『ちりとてちん』第83回あらすじ(1月10日)

『ちりとてちん』第83回あらすじ(1月10日)



仕事が増えて忙しい喜代美(貫地谷しほり)の姿に、草々(青木崇高)は複雑な思いを抱く。
喜代美に話を聞いてもらおうと訪ねて来た正平(橋本淳)は、忙しそうな喜代美に代わって草々に進路の相談をする。
正平は恐竜の博物館の学芸員になる為に、留学して博士号を取りたいと考えていた。しかし、名人だった祖父(米倉斉加年)に追いつこうと根を詰めて働いている正典(松重豊)に、これ以上の負担は掛けたくない。かといって、自分の夢も諦めきれず正平は悩んでいるのだった。正平はただ誰かに話を聞いて欲しかっただけだと言い、忙しい喜代美に余計な心配をかけたくないからと草々に口止めして帰って行く。

「寝床」では・・・・


⇒⇒⇒ちりとてちん』HPへ



<< NHKちりとてちん日記 のトップへ戻る
posted by chiritote-chin at 00:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 第15週「出る杭は浮かれる」

『ちりとてちん』第82回あらすじ(1月9日)

『ちりとてちん』第82回あらすじ(1月9日)



小浜の和田家。
何やら話がある正平(橋本淳)が店番をしている糸子(和久井映見)に近づこうとするが、竹谷(渡辺正行)が現れ奥へ引っ込む。喜代美の結婚式以来、正典(松重豊)は工房で根を詰めて働いていた。スペインに渡った小梅に心配をかけまいと、大手百貨店の秀臣(川平慈英)の店に正典の塗り箸を卸すことを取り止めたことを内緒にしていた和田家の面々だったが、そうとは知らない小梅(江波杏子)は、結婚式の後真っ先に、大手百貨店に正典の塗り箸が並んでいるところが見たいと言い出した。一同の慌てぶりを見た小梅は真実を追究し、大手百貨店に正典の塗り箸が無い事を知り落胆。そればかりかその店が秀臣の店であることを知り激怒したのだった。それ以来、小梅をこれ以上悲しませてはいけないと、正典は根を詰めているのだった。
糸子は竹谷に正典の塗り箸は実際のところどうなのかと尋ねるが、竹谷は「決して悪くはないが、先代の域まで行けるかというと・・・・」と首を傾げる。竹谷は先代と秀臣の間を正典が自分一人で埋めるのは並大抵なことではないが、一番大変なのはそれをやりくりする糸子だと案じる。そんな二人のやりとりを奥で聞いていた正平は、持っていた大学のパンフレットを見つめ立ち去る。

一方、草若の家では・・・・


⇒⇒⇒ちりとてちん』HPへ



<< NHKちりとてちん日記 のトップへ戻る
posted by chiritote-chin at 15:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 第15週「出る杭は浮かれる」

『ちりとてちん』第81回あらすじ(1月8日)

『ちりとてちん』第81回あらすじ(1月8日)



喜代美(貫地谷しほり)は草々(青木崇高)が大好きなオ○○○○をこしらえるが、今日も失敗。そこへ、急病で出られなくなった出演者の代役を務めることになったと言って草々が現れる。出掛ける仕度を手伝うのは嫁の務めだと言われ、喜代美はウキウキ。
喜代美は草々に連れられ柳宝(林家染丸)に挨拶に行き、二人揃って舞台袖から柳宝の高座を見て勉強する。

柳方の演目は・・・・


⇒⇒⇒ちりとてちん』HPへ



<< NHKちりとてちん日記 のトップへ戻る
posted by chiritote-chin at 12:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 第15週「出る杭は浮かれる」

『ちりとてちん』第80回あらすじ(1月7日)

『ちりとてちん』第80回あらすじ(1月7日)



喜代美(貫地谷しほり)と草々(青木崇高)の新婚生活が始まり、喜代美は浮かれっ放し。
喜代美は草々に婚姻届を書くように渡されるが、そこには”青木一”という見知らぬ人の名前が・・・・。知らない人と結婚なんかしないと言う喜代美に、草々は”青木一”は自分の本名だと名乗る。
出席番号がいつも一番だった草々に対し、いつも集中力が無くなる最後に名前を呼ばれ、返事を忘れたり二人一組でいつも余ったりという目に合って来た喜代美は、これから青木になる喜びを感じながら婚姻届を記入するが、”青木喜代美”と口にした途端、パッとしない、ゴロが悪いと言い出し、草々に「ほなもう止めるか、離婚するか」と言われてしまう。(呆)
喜代美が出かけようとする草々に、晩ご飯は何が食べたいかと尋ねる。



草々が食べたかったのは・・・・


⇒⇒⇒ちりとてちん』HPへ



<< NHKちりとてちん日記 のトップへ戻る
posted by chiritote-chin at 15:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 第15週「出る杭は浮かれる」
NHKちりとてちん日記
気になるNHK朝ドラ連続テレビ小説)『ちりとてちん』のあらすじは『NHKちりとてちん日記』でわかる!!

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。