NHKちりとてちん日記
今日のNHK連続テレビ小説朝ドラ)『ちりとてちん』を見逃しても『NHKちりとてちん日記』であらすじがわかる!!

『ちりとてちん』第103回あらすじ(2月2日)

『ちりとてちん』第103回あらすじ(2月2日)



ソフトウェア最大手の米マイクロソフトが米インターネット検索大手ヤフーに対し、買収を提案したそうです。ネット検索サービス分野で米国シェア第3位のマイクロソフトは、2位のヤフーを取り込むことで、巨大グーグルを追撃する狙いがあるようです。
管理人は、どうもGoogle検索は苦手で、どちらかと言えばYahoo!派なんですけどね!
果たしてどうなりますか・・・・?。

さて、こちらの続きもどうなるんでしょう?


「ちりとてちん」の続きを見る




⇒⇒⇒ちりとてちん』HPへ



<< NHKちりとてちん日記 のトップへ戻る

『ちりとてちん』第102回あらすじ(2月1日)

『ちりとてちん』第102回あらすじ(2月1日)



天洋食品」製造の中国製ギョーザによる中毒で、大好きな餃子を控えている管理人です。我が家も生協を利用していますが、今や「co・op」だから安心とは言えなくなってきていますよね!これから我が家の食卓に中国産の食品が並ぶことはないでしょう・・・・。

さて、草々(青木崇高)、四草(加藤虎ノ介)、草原(桂吉弥)の過去とくれば、当然この人の過去も知りたいですよね・・・・


この人とは・・・・?


⇒⇒⇒ちりとてちん』HPへ



<< NHKちりとてちん日記 のトップへ戻る

『ちりとてちん』第101回あらすじ(1月31日)

『ちりとてちん』第101回あらすじ(1月31日)



小浜の和田家では、正典(松重豊)が外出から戻って来る。糸子(和久井映見)は早速酒の仕度をしようとするが、正典は先に竹谷(渡辺正行)と約束をしてしまっていた。正典は竹谷との約束を断ろうとするが、草若(渡瀬恒彦)に伝統工芸士ともなると地元の観光協会と密にやっていった方が良いと勧められ、出掛けることにする。草若もそろそろ引き上げようとするが、糸子に引き止められ、草原について語り出す。

大阪では・・・・


⇒⇒⇒ちりとてちん』HPへ



<< NHKちりとてちん日記 のトップへ戻る

『ちりとてちん』第100回あらすじ(1月30日)

『ちりとてちん』第100回あらすじ(1月30日)



小浜では、糸子(和久井映見)が草若(渡瀬恒彦)の前で「饅頭こわい」の落語を真似ながら饅頭をほおばっている。草若が脇腹に手を当て、痛みをこらえている。
大阪では・・・・


⇒⇒⇒ちりとてちん』HPへ



<< NHKちりとてちん日記 のトップへ戻る

『ちりとてちん』第99回あらすじ(1月29日)

『ちりとてちん』第99回あらすじ(1月29日)



小浜にいる草若(渡瀬恒彦)は、糸子(和久井映見)に、草々(青木崇高)について語る。
草々は落語しか頭にない男で、落語のこととなると他のことが目に入らないのが欠点と言えば欠点であり、いつでも完璧を求めそれができないとこの世の終わりのように落ち込むことが草々について一番心配だと語った。

一方、大阪では・・・・


⇒⇒⇒ちりとてちん』HPへ



<< NHKちりとてちん日記 のトップへ戻る

『ちりとてちん』第98回あらすじ(1月28日)

『ちりとてちん』第98回あらすじ(1月28日)



1999年、夏。
年季明けから3年が過ぎた喜代美(貫地谷しほり)は、落語でも「徒然亭若狭」の高座名で活動中。
しかし最近、客の笑いが徐々に減っているような気がしていた。喜代美はその悩みを奈津子(原沙知絵)に相談するが、もう新人ではないのだから仕方がないと言われてしまう。

その頃、師匠は・・・・


⇒⇒⇒ちりとてちん』HPへ



<< NHKちりとてちん日記 のトップへ戻る
NHKちりとてちん日記
気になるNHK朝ドラ連続テレビ小説)『ちりとてちん』のあらすじは『NHKちりとてちん日記』でわかる!!

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。